医療

医療・介護・福祉サービスの向上に貢献していきます

病医院

病医院・クリニックを総合的にサポートしていきます

経営サポート

経営サポート

経営戦略支援業務

病医院も企業経営と同じく成長発展するためには原理・原則が存在します。経営者がリーダーシップを発揮し、戦略的経営計画を有し、望ましい院内組織風土を有していることが成長と発展の原点です。このような望ましい経営形態を創出するための目標を掲げ、それを推進するための管理体制の確立を支援いたします。

経営環境分析
外部環境分析
  1. 医療界全体の環境変化把握
  2. 医療行政の変化と今後の動向把握
  3. 同診療圏内のライバルの動向把握
  4. 入院及び外来患者分析
  • 市場環境の機会と脅威・強みと弱みを把握します。
  • 経済・法律・競争・自然・社会・人口等統計分析・立地等をマクロ・タスク両面から環境を分析します。
内部環境分析
  1. 経営分析
  2. 経営活動分析
  3. 事業分析
  4. 改善課題抽出
  • 安全性・収益性・循環性・成長性・創造性を財務面の分析を通して課題を明らかにします。
  • 管理システム・組織編制・集患力・医療品質力・事業分野・経営者の調書と課題を明らかにします。
  • 収益性・成長性分析から事業別に分析します。
  • 種々の分析から総合的に短期的・長期的課題を整理します。
事業領域の確立
事業機会の探索
  1. 患者構造分析
  2. 医療サービス分析
  3. 組織構造分析
  • 医業収入における患者数予測、収入単価予測、診療科目の新設・廃止、医業費用における人件費予測、経費予測等の仮定条件などを入力し、設備投資のための採算計算なども含めて将来数年間の財務データ(予測損益、採算、資金調達)と経営指標を把握します。
事業コンセプトの確率
  1. 診療体制の方向付け
  2. 事業規模目標の設定
  3. 業務目標の設定
  • 市場浸透戦略、医業サービス開発戦略、市場開発戦略、多角化戦略等を検討の上、診療体制、組織構造、事業規模、業績目標等を設定します。
事業戦略案の策定・選択
事業戦略案の策定・選択
  1. 事業戦略
  2. 患者戦略
  3. 診療戦略
  4. 人事戦略
  5. 財務戦略
  6. 情報戦略
  • 患者戦略のポイントは、地域社会に対していかなる貢献をするのかと患者様の満足を高めるために何をするのかにあります。
  • 診療戦略は診療ポジショニング戦略と利用サービス戦略および医療サポート戦略から成り立ちます。
  • 意欲のある職員を採用でき、人が育つ組織システムを構築することが人事戦略のポイントです。
  • 財務戦略とは、財務体質改善戦略であり、総資本の運用効率、1人当たり付加価値の向上、1人当たり人件費を高めること、労働分配率を適正に維持すること等がポイントとなります。
  • 院内の効率を高め、安全性を確保することや、地域の医療連携のためのネットワーク化のためにはIT化は欠かせません。その準備としての業務の標準化がポイントとなります。
事業計画の策定
経営資源の配分
  1. 入院および外来患者分析
  2. 医療機器およびスペース環境の評価
  3. 医師の評価
  4. 疾病別占有率の算定
  5. 地域の他医療機関の分析
  6. 地域における機能分担の明確化
  • 事業戦略を実行するには、目標・方針・施策を具体的に策定することが必要です。具体的方策は、単なる経営者の希望や自院の都合だけでなく、地域の患者の評価やニーズとの客観的な整合性があってこそ実現性があり、地域医療が医療機関の連携をもって整備されることになります。
中期経営計画推進管理体制の確立
  1. 現状分析と成功要因の検討
  2. 経営目標の設定
  3. 部門別目標と行動計画の策定
  4. 財務体質改善計画
  • 病医院の現状分析をして、今後の成功要因が、何かを確実に把握して経営目標、部門別目標、財務体質改善目標を掲げ、それを達成するための推進管理体制を確立します。
実践指導
事業戦略展開支援
  1. 市場浸透戦略
  2. 市場開発戦略
  3. 医療サービス開発戦略
  4. 多角化戦略
  5. 撤退戦略
  • マーケティング調査、ポジショニング分析、SWOT分析などにより当該医療機関の実情を把握・分析の上事業戦略展開を指導します。
  • コミュニケーション能力・接遇・患者アメニティーの向上を指導します。
  • 患者構成、疾病内容、事業領域の変化に基づき事業の多角化・撤退等を指導します。
経営改善支援
  1. 経営改善施策策定・指導
  2. ベンチマーキング
  3. BSC導入
  • 地域保険・医療・福祉体制の整備および、機能分担に対応するための病医院のポジショニングを明確化します。
  • 患者分析・診療行為分析等を通じて病医院の対応力を把握します。
  • 病医院をあげての経営改善を恒常的に推進します。
  • SWOT分析を行いながら、戦略策定と行動計画を数値で評価し、これをPDCAサイクルで業務達成感を与え、業務の改善とチーム医療を実現し、医療の質と、顧客満足度(職員・業者を含む)を高めながら、ボトムライン(利益を顕在的に出す)を達成に向かうよう支援いたします。
組織改革指導
  1. 再編成
  2. 再構築
  3. 法人設立
  4. 定款変更
  5. 関連事業設立指導
  • 病医院の経営戦略に適合した組織改革を支援します。
  • 非効率部門の合理化、事業分離等を指導します。
  • 医療法人への組織変更の提案をします。
  • 環境に即応した法人の目的変更を指導します。
  • 医療機関が行う付帯業務・付随業務、および医療関連ビジネスへの進出を提案します。
地域連携指導
  1. 病診連携指導
  2. 病病・診診連携指導
  • 在宅療養支援診療所開設支援